1. Top
  2. もっとKTC!
  3. トルクレンチ7つの誤解 その⑥ 【使い終わったら、まとめて収納!?】

もっとKTC!

日頃のお仕事や愛車のメンテナンスシーンだけでなく、もっといろんなKTCを、もっとたくさん楽しんでいただきたい!そんな思いを込めまして「もっとKTC!」をお送りいたします。
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kyototool
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/kyototool

トルクレンチ7つの誤解 その⑥ 【使い終わったら、まとめて収納!?】

製品特集 2019/09/07

7つの誤解6_動画

トルクレンチを使い終わった後、他の工具と一緒にまとめてごそっと工具箱に収納していませんか?
プレセット型トルクレンチもデジタルトルクレンチも、トルクレンチはすべて工具ではなく「精密機器」です。正しく保管しないと、故障や狂いの原因となります。 また、プレセット型トルクレンチはデジタルトルクレンチに比べて雑に扱える、というのも誤解です。
体重計の場合、デジタル式でもアナログ式でも、衝撃を与えるような扱い方はしませんよね。トルクレンチも同じです。

▼プレセット型トルクレンチの保管方法
内部のスプリングのへたりを最小限に抑えるため、トルク値設定を「最小値」に戻しましょう。
また、結露による錆の発生や、ほこりのかみこみなどが原因となって、測定精度が低下する場合があるので、付属の専用樹脂ケースに入れ、高温・多湿やほこりの多い場所は避けて保管してください。

▼デジタルトルクレンチや、トルクルの保管方法
高温・多湿・ほこりは避け、付属のケースに入れて保管しましょう。
口うるさいようですが、せっかくトルクレンチを使用しているのに、トルクレンチの精度が狂っていては意味がありません。そのため「正しい使い方」と「正しい保管方法」を改めて確認しておきましょう。

トルクレンチ7つの誤解 その他の記事はこちら

メールアイコンKTCメールマガジンに登録

KTCの最新情報をお届けする「KTCファンクラブ」のほか、nepros(ネプロス)の開発秘話を毎月お届けする「nepros square(ネプロススクエア)」を配信中です。

もっとKTC! 最新記事

もっとKTC!カテゴリー別

年別アーカイブ