1. Top
  2. もっとKTC!
  3. 作業を激変させる90ギアの真価 - ネプロス ラチェットハンドル

もっとKTC!

日頃のお仕事や愛車のメンテナンスシーンだけでなく、もっといろんなKTCを、もっとたくさん楽しんでいただきたい!そんな思いを込めまして「もっとKTC!」をお送りいたします。
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kyototool
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/kyototool

作業を激変させる90ギアの真価 - ネプロス ラチェットハンドル

ピックアップアイテム 2016/06/30

005

小気味よいクリック音を奏でる90枚ギアですが、その真価は狭小なスペースでの作業で発揮されます。KTC BR3EもネプロスNBR390も全長は180mmですが、作業に最低必要なグリップエンドの振り幅は36枚ギアのKTC BR3Eの約29mmに対し、90枚ギアのネプロスは約12mm。違いは歴然ですね。

また、例えばグリップエンドが50mmしか振れない作業環境の場合、ギア1ノッチあたり幅29mm必要なKTC BR3Eは、1ノッチ分の10°ずつしか回せませんが、1ノッチあたり12mmのネプロスなら一度にギア4ノッチ分の16°回せます。送り角の小ささは、作業効率の向上にも貢献します。

製品紹介

ネプロスラチェットハンドル(NBR390)

比較した製品9.5sq.ラチェットハンドル(BR3E)

メールアイコンKTCメールマガジンに登録

KTCの最新情報をお届けする「KTCファンクラブ」のほか、nepros(ネプロス)の開発秘話を毎月お届けする「nepros square(ネプロススクエア)」を配信中です。

もっとKTC! 最新記事

もっとKTC!カテゴリー別

年別アーカイブ