1. Top
  2. もっとKTC!
  3. 祇園祭 『山』と『鉾』の違いは?

もっとKTC!

日頃のお仕事や愛車のメンテナンスシーンだけでなく、もっといろんなKTCを、もっとたくさん楽しんでいただきたい!そんな思いを込めまして「もっとKTC!」をお送りいたします。
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kyototool
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/kyototool

祇園祭 『山』と『鉾』の違いは?

KTCについて 2014/07/16

元記事(2014年07月16日投稿)

明日、17日は祇園祭の山鉾巡行ですね!

祇園祭の山鉾巡行は、これまで「前祭(さきまつり)」に続いて「後祭(あとまつり)」の巡行が同じ日に行われていましたが、今年からは17日に「前祭」、24日に「後祭」が開催されることになり、1966年以来49年ぶりの復活に注目です。
ところで、京都の人でも意外と知らない、『山』と『鉾』の違いはご存知ですか?
実は、てっぺんに木が生えているか、独特のシンボルが掲げられているかで大まかに見分けることができます。『山』はその名の通り『山』なので、屋根に木(松)が生えているもの。一方、鉾の中心にそびえ立つ木にシンボルが掲げられているものが『鉾』です。
ですが、全ての山と鉾がこの形に則っているわけではありません。今年、150年ぶりに復活する「大船鉾」も独特な鉾のひとつ。「大船鉾」の巡行は、後祭の24日。明日の前祭の巡行と合わせて、ぜひ山と鉾の違いをチェックしてみてくださいね。

京都観光にお出かけの際には、「KTCものづくり技術館」にもぜひお立ち寄りを!

▼KTCものづくり技術館
https://ktc.jp/brand/museum-west/index.html

yamahoko

新着情報

もっとKTC!カテゴリー別

年別アーカイブ