1. Top
  2. もっとKTC!
  3. 冬のスキー競技にもKTC工具が!

もっとKTC!

日頃のお仕事や愛車のメンテナンスシーンだけでなく、もっといろんなKTCを、もっとたくさん楽しんでいただきたい!そんな思いを込めまして「もっとKTC!」をお送りいたします。
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kyototool
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/kyototool

冬のスキー競技にもKTC工具が!

KTCチア部 2015/12/05

元記事(2015年12月05日投稿)

寒さが一気に厳しくなった12月ですが、ウインタースポーツ競技者にとっては、これからが本番開始です。

アルペンスキー競技は、オリンピックもパラリンピックも共通での5種目が行なわれています。
・滑降(ダウンヒル=DH)
・スーパー大回転(スーパーG=SG)
・大回転(ジャイアントスラローム=GS)
・回転(スラローム=SL)
・スーパー複合(スーパーコンビ=SC) の5種目です。

障害者による国際公認レース(パラリンピック、世界選手権、ワールドカップなど)では、3カテゴリー制が採用され、種目ごとに、「立位」、「座位」、「視覚障害」に分類されます。さらに、同一カテゴリー内で、異なる障害クラス間の選手が競い合うことによる有利不利が生じないように障害の重さを考慮したハンディキャップ・システムが、観るスポーツとしても楽しめる競技にしています。

写真は、カナダ、ロッキー山脈のブリティッシュコロンビア州側にあるパノラマスキー・リゾートで行われている日本ナショナルチームの強化合宿および緒戦のレースの模様とシッティング・クラスの選手が使用するチェアスキーです。
シッティングクラスの代表選手、森井大輝選手、狩野亮選手、鈴木猛史選手、夏目堅司選手、村岡桃佳選手が参加されています。
今後、ナショナルチームはワールドカップで世界を転戦します。

日本ナショナルチームは、2014年ソチで開催された冬季パラリンピックで、金3、銀1、銅1のメダルを獲得されたことはご存知でしょうか?

アスリートが乗るチェアスキーは、シート、フレーム、サスペンションによって構成されたマシンです。現在、世界のトップレベルにおいては、日本製フレームが大きなシェアを占めているのですよ。

更なる活躍を願って、みなさんで応援しましょう。

写真のご提供、現地レポートは、ナショナルチームのメカニック、日進医療器株式会社の山田賀久様にお送り頂きました。
日進医療器株式会社は、チェアスキーのフレームメーカです。
世界的トップアスリートのサポートに、KTC工具をお使い頂いています。

12301644_990187281025109_109513724492621726_n

12310572_990187217691782_4505234687597305996_n

日本チェアスキー協会
http://www.chairski.jp/main.html

Japan Para-Alpine Ski Team
https://www.facebook.com/JapanParaAlpineSkiTeam/

障害者スキー連盟アルペン委員会 ナショナルチーム
http://www.sajd.com/alpine/national-team/members/

神奈川県総合リハビリテーションセンター研究部
http://www.kenkyu.kanagawa-rehab.or.jp/index

日進医療器株式会社
http://www.wheel-chair.jp/sports_ski.php

メールアイコンKTCメールマガジンに登録

KTCの最新情報をお届けする「KTCファンクラブ」のほか、nepros(ネプロス)の開発秘話を毎月お届けする「nepros square(ネプロススクエア)」を配信中です。

もっとKTC! 最新記事

もっとKTC!カテゴリー別

年別アーカイブ