1. Top
  2. もっとKTC!
  3. 【KTCカート部活動報告】

もっとKTC!

日頃のお仕事や愛車のメンテナンスシーンだけでなく、もっといろんなKTCを、もっとたくさん楽しんでいただきたい!そんな思いを込めまして「もっとKTC!」をお送りいたします。
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kyototool
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/kyototool

【KTCカート部活動報告】

KTCチア部 2013/03/29

元記事(2013年03月29日投稿)

KTCでは、SUPER FORMULAやSUPER GT、ラリーなど、様々なモータースポーツのサポートを行っていますが、サポートだけではなく自らモータースポーツを楽しむ社員も多いんです。その中でも、社内外の有志が集まって【KTCカート部】を発足し、手軽に本格的なレースを楽しめるレンタルカートレースに参戦していることは、以前にもお伝えした通り。

今回は、3月24日に琵琶湖スポーツランドで行われた「M4カートレース 琵琶湖ラウンド」の模様をお伝えします。

今回のレースは、KTCカート部として11人が参加し、3チーム体制で臨みました。1チーム3人または4人で、3時間の長丁場を戦う耐久レースです。

全ドライバーが参加するミーティングと練習走行が行われた後、決勝レースのグリッド順を決める予選が行われ、グリッド順が確定。今回、レース経験順で分けられたKTCカート部の3チームのうち、最も経験の多いAチームは5番手と午後からの決勝に期待が持てるポジションをゲット!

そして決勝レースがスタート!
今回のレースでは1人当たり約40分を担当することになりますが、カート車両には普通の自動車のようなパワーステアリングやサスペンションなんて付いていません。パイプフレームのシンプルな構造は、前後左右のG(ジー)や路面の揺れをドライバーに直接伝えるので、10分も乗っていると全身の疲労感は大変なことに。こまめにピットインしてドライバー交代を行いたいところですが、ピット回数は順位に大きく影響するため、控えなければなりません。ピット戦術もレースの大きなポイントです。

5番手スタートのAチームは、時間を決めてドライバー交代を行うピット作戦で上位をキープ。しかし、レース経験豊富な他の上位チームとは毎周回タイム差がつき、じわじわと後退。後半の踏ん張りの甲斐あって、最終的に24台中8位でチェッカー!
Bチーム、Cチームも18位、20位で無事完走。気持ちよくレースを終えることができました。”翌日の筋肉痛に悩まされたこと以外は・・・”ですが(涙)

KTCカート部は、今後もM4カートレースに参戦予定です。レースに興味ある方は、ぜひこの機会にレーシングカートに挑戦してみませんか?

▼ M4カート公式サイト
http://bit.ly/YMWUMI
526941_526397667404075_1091294439_n

メールアイコンKTCメールマガジンに登録

KTCの最新情報をお届けする「KTCファンクラブ」のほか、nepros(ネプロス)の開発秘話を毎月お届けする「nepros square(ネプロススクエア)」を配信中です。

もっとKTC! 最新記事

もっとKTC!カテゴリー別

年別アーカイブ