1. Top
  2. もっとKTC!
  3. 【KTCロゴの変遷】

もっとKTC!

日頃のお仕事や愛車のメンテナンスシーンだけでなく、もっといろんなKTCを、もっとたくさん楽しんでいただきたい!そんな思いを込めまして「もっとKTC!」をお送りいたします。
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kyototool
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/kyototool

【KTCロゴの変遷】

KTCについて 2013/04/12

元記事(2013年04月12日投稿)

KTCの歴史は、戦後間もない1950年に始まります。
創業以来、KTC製品のロゴも時代と共に変化を遂げ現在に至ります。
そこで今回は、KTCロゴの変遷をご紹介したいと思います。

553295_531623523548156_202410567_n
二重丸京

創業当時、納入を開始したばかりのトヨタの車載工具にはローマ字で「KYOTO K.T.C.」のロゴの中央に、二重丸で囲った「京」の字が刻印されたロゴマークが用いられました。また市販品には「京」の文字を円形にデザインされた「工」の文字で囲んだ二重丸京が用いられました。
素朴でレトロな雰囲気が漂う当時の工具からは、戦後の物資不足の中でも鋼材にまでこだわり、高品質なものづくりを目指した創業者の熱意と意気込みが約60年を経た今でも感じられます。

楕円KTC

1960年代頃から製品のロゴマークは楕円で囲った「KTC」やこのロゴの後に「KYOTO TOOL」が続く刻印に徐々に切り替えられていきます。
マイカーブームの到来と共にKTCもモータリゼーションの波に乗り、車載工具の増大やアメリカへの輸出など飛躍の時代を迎えました。
社章や社旗、一部の工具には今もこちらのロゴが使用されています。
往年のKTC工具をご存じの「工具通」の方やベテランの整備士さんにはこちらのロゴの方が馴染み深いかもしれませんね。

KTC

2000年代に入り、製品ロゴは「楕円KTC」から「KTC」のみのシャープな雰囲気のロゴになります。ラチェットハンドルやソケット、めがねレンチなどのメインアイテムには現在、このロゴが用いられています。

KTCの工具が進化を遂げていくように、ロゴも時代に合わせ変化を遂げます。
ただKTCの社是でもある「軽くて強くて使いよい工具」をモットーにしたものづくりへの情熱は、今後も変わらず持ち続けたいと思います。



ところで楕円がとれた現在のKTCロゴですが、チキンが美味しいK○Cさんとは、くれぐれもお間違えないように(笑)

ご紹介した工具が展示されているKTCものづくり技術館のご見学の案内は下記URLまで。

KTC ものづくり技術館

新着情報

もっとKTC!カテゴリー別

年別アーカイブ