1. Top
  2. ニュースリリース
  3. 作業手順と記録の一元管理で、現場と管理の課題を解決
    次世代作業トレーサビリティシステム「TRASAS IM/EM」を新発売

ニュースリリース

このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。
価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。
(表示価格に消費税は含まれておりません。)

製品情報 2020/11/09

KTC 京都機械工具株式会社

作業手順と記録の一元管理で、現場と管理の課題を解決
次世代作業トレーサビリティシステム「TRASAS IM/EM」を新発売

総合ハンドツールメーカー京都機械工具株式会社(KTC)(京都府久世郡久御山町/代表取締役社長 田中 滋/証券コード5966)は2020年11月より、次世代作業トレーサビリティシステム「TRASAS IM/EM(トレサス アイエム/イーエム)」を発売いたします。

「TRASAS IM/EM」は、製造現場などで作成する作業手順書をデジタル化し、その作業手順書に基づいて行った結果を記録・管理するソフトウェアで、作業手順書の作成・指示、作業の進捗・実績管理を行う、作業管理者用の「TRASAS IM(トレサス アイエム)」と、作業手順書の表示、作業結果や計測結果の記録を行う、現場作業者用の「TRASAS EM(トレサス イーエム)」からなるソフトウェアです。

製造ラインや保守作業の現場においては、未だ紙ベースの作業手順書や記録帳票が多く用いられており、作業者においては測定作業時の測定値読取りミス、作業結果の記録ミスが、管理者においてはExcel等への入力作業のムダや入力時のミスが発生するなど、作業品質や記録の信頼性を低下させる要因となっています。

「TRASAS IM/EM」は、これまで紙ベースで作成していた作業手順書をデジタル化。手順書の最新版管理を容易にする他、手順書内に写真や動画など視覚的な情報を盛り込む事で「作業者のカン・コツ」に頼った作業を標準化し、多能工化を促進。さらに、標準作業時間の設定と実績管理により、進捗管理や作業カイゼンに活用する事も可能。

また、計測機器との連携により測定結果を自動記録することができ、信頼性の高い作業記録を作成することで、トレーサビリティ管理、作業品質の向上が実現できます。

統合管理ソフトウェア「TRASAS IM」の機能・特長

作業手順書の作成・指示、作業の進捗・実績管理を行う、作業管理者用ソフトウェアです。

TRASAS IM イメージ
  • ソフトウェアはサーバに設置し汎用的なブラウザで操作。端末のOSや機種に依存しない柔軟性を実現
  • 作業者・工具等の基本情報、作業・手順・工程の手順情報をマスターデータとして登録、それらを組み合わせることにより効率的に作業手順書の作成が可能
  • 作業手順書と作業記録を一元管理することで、信頼性の高い作業トレーサビリティが可能
  • 作業の進捗状況をモニタリングし、作業・手順・工程ごとの詳細な結果を確認が可能
作業者用ソフトウェア「TRASAS EM」の機能・特長

作業手順書の表示、作業結果や計測結果の記録を行う、現場作業者用ソフトウェアです。

TRASAS EM イメージ
  • 作業現場で広く採用されているWindows10 Pro専用ソフトウェアで、PCやタブレット型端末で使用可能
  • 画面全体に視認性の高いレベルゲージで締付トルク値を表示、作業を支援し作業精度の向上に寄与
  • 標準作業時間を表示し作業者へ意識付けることにより、作業の均一化が可能
  • 作業結果はIoTツール※の測定値に加え、写真や動画など視覚的な情報も保存可能

※弊社IoTツール、トルクル、タイヤデプスゲージ、ブレーキパッドゲージとの接続はBluetoothにて、メモルクは独自プロトコルにて無線通信が可能

No. 品名 発売時期 参考価格
GNZX-006-01 TRASAS IM 2020年11月 別途お問合せください
GNZM-005-01 TRASAS EM 2020年11月 別途お問合せください

製品写真

TRASAS IM/EM イメージ
TRASAS IM/EM イメージ

TRASAS IM 使用イメージ
TRASAS IM 使用イメージ

TRASAS EM 使用イメージ
TRASAS EM 使用イメージ

TRASAS(TRAceable Sensing and Analysis System)とは

「安全、快適、能率・効率」を製品開発のキーワードとして、あらゆる現場の課題に応えるために、KTCが展開する製品ラインナップ。「TRASAS」シリーズは、ハードウェアである測定具+作業支援デバイス+システムソフトウェアからなり、測定具で測定したデータを無線でシステムソフトウェアへ転送。スマートグラスでのトルク値確認、RFIDタグ付きボルトの使用による締結ボルトの自動認識など多様なIoT技術を用い、産業の現場をインターネットとつなげ、より安全で、確かな作業管理を実現。

詳細情報

詳細は製品チラシ(PDFファイル)をご覧ください。

関連リンク

KTC TRASAS セールスプロモーションサイト
https://ktc.jp/trasas

本製品のお問い合わせ先

appsupport@kyototool.co.jp

このリリースのURL https://ktc.jp/news/117219