1. Top
  2. ニュースリリース
  3. 鉄道車両向けにAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを日立製作所、YAMAGATAと実用化。
    信頼性の飛躍的な向上を実現

ニュースリリース

このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。
価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。
(表示価格に消費税は含まれておりません。)

企業情報 2020/03/16

KTC 京都機械工具株式会社

鉄道車両向けにAR技術を利用したボルト締結作業管理システムを日立製作所、YAMAGATAと実用化。
信頼性の飛躍的な向上を実現

京都機械工具株式会社(本社:京都府久世郡久御山町/代表取締役社長:田中 滋/以下「KTC」)は、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭)、YAMAGATA株式会社(代表取締役社長:山形 隆司)とともに、鉄道車両向けにAR* 技術を利用したボルト締結作業管理システムを実用化しました。

本システムにより、作業者が装着するヘッドマウント型スマート端末のディスプレイ上へ締結すべきボルトの位置を表示し、表示どおりのボルトを規定の力で締めることができたかをメーターで確認できると同時にデジタル処理によって自動的に管理することができます。

スマート端末に付属するカメラは締結作業を常時監視しており、KTCのデジタルトルクレンチ「デジラチェ[メモルク]」との連携により、指定のボルトが規定の力で締められたかを自動判定。作業が指定通り行われたと判定された場合は次の作業が表示されますが、指定外のボルトや、締結力に過不足があった場合などは、再度作業を行うよう誘導されます。作業者はヘッドマウント型スマート端末のディスプレイを通した視界上で効率的に作業を実施することができます。

今後、日立製作所は鉄道車両製造においては今回開発したボルト締結作業管理システムの量産適用を段階的に進めていくとのことです。

*AR(Augmented Reality:拡張現実):スマート端末を通して実環境にデジタル情報を重ね合せる技術

関連リンク

このリリースのURL https://ktc.jp/news/106814