1. Top
  2. ニュースリリース
  3. ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドルシリーズがドイツのデザイン賞「iFデザインアワード2017」を受賞

ニュースリリース

このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。
価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。
(表示価格に消費税は含まれておりません。)

その他 2017/02/03

KTC 京都機械工具株式会社

ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドルシリーズがドイツのデザイン賞「iFデザインアワード2017」を受賞

iFデザインアワード2017
NBR290シリーズ
ネプロス6.3sq.ラチェットハンドルシリーズ

KTC(京都機械工具株式会社)が2015年12月および2016年2月に発売したネプロス6.3sq.ラチェットハンドルシリーズが、世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つであるドイツのデザイン賞「iFデザインアワード2017」を受賞いたしました。

本製品は差込角6.3sq.のラチェットハンドルで、小判形ヘッドとしては世界最高クラスの90枚ギア、7段クロウの精密な駆動機構を6.3sq.の小さなヘッドに凝縮し、送り角4°を実現したコンパクトなラチェットハンドルです。滑らかな動きと従来品と同等の強度、サイズを誇り、ネプロスの原点である「使いよさ」を追求し、空転トルクの軽さやその音にまでこだわって作り上げた点等が評価され、今回の受賞となりました。

iFデザインアワードは、ドイツのiF International Forum Designが主催する1953年設立の国際的なデザイン賞です。今回は世界59カ国から5,575点の応募があり、プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン、建築、インテリア/建築、プロフェッショナルコンセプトの7分野において評価され、国際的に優れたデザインとして受賞製品が選定されました。

詳細情報

製品の詳細はWebカタログをご覧下さい。

また、ネプロスについては「ネプロスポータルサイト」をご覧下さい。

関連リンク

このリリースのURL http://ktc.jp/news/70412