1. Top
  2. ニュースリリース
  3. ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドル(NBR290)が2016年度グッドデザイン賞を受賞

ニュースリリース

このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。
価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。
(表示価格に消費税は含まれておりません。)

その他 2016/09/30

KTC 京都機械工具株式会社

ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドル(NBR290)が2016年度グッドデザイン賞を受賞

2016年度グッドデザイン賞受賞 NBR290
6.3sq.ラチェットハンドル(NBR290)

KTC(京都機械工具株式会社)が2015年12月に発売したネプロス「6.3sq.ラチェットハンドル」(NBR290)が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2016年度グッドデザイン賞を受賞しました。

本製品は差込角6.3sq.のラチェットハンドルで、小判形ヘッドとしては世界最高クラスの90枚ギア、7段クロウの精密な駆動機構を6.3sq.の小さなヘッドに凝縮し、送り角4°を実現した全長125mmのコンパクトなラチェットハンドルです。同じく90枚ギアを採用し、2013年度グッドデザイン賞を受賞した「9.5sq.ラチェットハンドル」(NBR390)に続く受賞となりました。

グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨制度です。KTCは1995年に「ネプロス 9.5sq.ラチェットハンドル」(NBR3UN)で初めてグッドデザイン賞を受賞(後にグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞)。その後、進化系デジタルトルクツール「デジラチェ」や、次世代型ツールチェスト「EKR-103」等で受賞し、今回で28件目のグッドデザイン賞受賞となります。

審査委員の評価

当たり前の工具でありながらデザイン性、機能性に優れている点で、作業に従事するユーザーが喜んで使用することが期待される。結果として整備等の作業が確実に行われ、その後安心して機械を運転させることが可能になることが想定でき、堅実な形で機械の信頼性を支えていると言える。

詳細情報

ネプロス 6.3sq.ラチェットハンドルの詳細についてはWebカタログのネプロス 6.3sq.ラチェットハンドルをご覧下さい。また、ネプロスについては「ネプロスポータルサイト」をご覧下さい。

関連リンク

このリリースのURL http://ktc.jp/news/68664