アタリ画像

安全に作業するために…安全に作業するために…

安全に作業するためにまず気をつけたいこと4点をケイティがピックアップしました!

安全だけでなく能率・効率よく作業を進めることにもつながります。
安全対策に役立つ便利なグッズも紹介!ぜひ参考にしてくださいね。

安全に作業するためにまず気をつけたいこと4点をケイティがピックアップしました!

まずは作業スペースを確保しましょう

また、明るい場所で作業して、暗いところはライトを使うようにしましょう。

作業に見合ったスペースが確保されていないと…

  • 作業を進めていくと物を置く場所がなくなる
  • ゴチャゴチャしたところに備品を置いて雪崩がおきる
  • 作業中にうっかり備品を踏んでしまう
  • 大切なパーツや工具を壊してしまう

これが便利!

ガレージトレイ

床を傷つけない・汚さないために、一つあると安心なアイテムです。オイル交換時に下に敷いたり、大きめの工具やパーツを置く下敷きとしてご利用ください。
ガレージトレイ、パーツトレイの使い方

ライト

奥まった箇所の確認や整備時の必須アイテムです。作業中に電池切れ、ということが無いよう、作業前に電池の残量は確認しておきましょう。

ショッピングマークのある製品は、オフィシャルショップで購入ができます。

次に作業手順をしっかり確認しましょう。

必要なパーツを並べ、数など間違いがないかも要チェックです!

作業手順の確認を怠ると…

  • 作業順序や組み合わせるパーツを間違ってしまう
  • 作業をはじめるまでパーツの不足に気付かず、作業が途切れる

これが便利!

パーツトレイ

作業順に使用する工具やパーツを分けて入れておきましょう。細かい工具やパーツの紛失防止にも役立ちます。パーツトレイを活用して工具やパーツの定位置を決めておくと、思わぬところで踏んづけてしまう心配もなく、スムーズに作業を進められます。
ガレージトレイ、パーツトレイの使い方

ショッピングマークのある製品は、オフィシャルショップで購入ができます。

作業に適した安全な装備をしましょう。

フードのついた服やストラップなどは身につけず、髪の長い人はまとめて帽子の中に入れておきましょう。作業の邪魔になるだけでなく、工具やパーツに引っかかるなど、思わぬ事故をまねく恐れがあります。

普段着で作業すると…

  • 服が汚れてしまう、または破れてしまう
  • 作業中に袖が邪魔になったり、服の一部や髪の毛が引っかかってしまう

これが便利!

つなぎ

上下が分かれていないため腰から汚れや破片が入らないので安心。シャツの裾が出ることもありません。ベルトがないので金具で工具や材料を傷つけません。

エプロン

持っている服の上からつけれるからお手軽!軽作業向きです。

保護めがね

作業中は目にゴミが入ったり、予期せぬ飛び跳ね、跳ね返り、破裂で目を痛める危険があります。大切な目を守るために保護メガネがおすすめです。

軍手・グローブ

作業中の手を保護するため軍手やグローブをつけると安心です。滑り止め加工をしたものは、力の要る作業も安定して行えます。

電動ドリルを使用するときは、必ず手袋をはずして使用してください。
手袋が巻き込まれる可能性があります。

マルチバンド

袖がずり落ちてくるのを留めたり、作業中まとめておきたいものを簡単に留められます。

キャップ

思わぬ落下物から頭を守るため帽子をかぶることをおすすめします。夏場の熱い日は、なるべく通気性の良いキャップをかぶりましょう。

安全靴

つま先と底に鉄板が入った靴です。
上からの衝撃から足を守ったり、思わぬものを踏んだときの衝撃から足を守ります。

ショッピングマークのある製品は、オフィシャルショップで購入ができます。

作業時は水分補給や熱中症・防寒対策をしましょう

  • 集中して忘れてしまいがちな休憩・水分補給を意識的に行うことが大切です。
  • 冬場は防寒はしつつも動きやすい格好で作業しましょう。

最後に…いちばん大切なこと

間違った使い方、無理な使い方をしないこと!

これはケイティと一緒に各レッスンで学んでいきましょう♪

最後に…いちばん大切なこと間違った使い方、無理な使い方をしないこと!
LESSON一覧を見る