1. Top
  2. もっとKTC!
  3. 【なるほど!工具ノート その6:ここがすごい!駆動工具】

もっとKTC!

日頃のお仕事や愛車のメンテナンスシーンだけでなく、もっといろんなKTCを、もっとたくさん楽しんでいただきたい!そんな思いを込めまして「もっとKTC!」をお送りいたします。
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kyototool
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/kyototool

【なるほど!工具ノート その6:ここがすごい!駆動工具】

なるほど!工具ノート 2014/11/10

元記事(2014年11月10日投稿)

みなさん、こんにちは。新入社員の朝津かなと申します。すっかり秋が深まってまいりましたね。朝夕の寒さは苦手な朝津ですが、整備にはとても快適! 秋晴れの下、整備したての愛車に跨って走ると、とても気持ちがよいものです。

さて、今回のテーマは「ここがすごい! 駆動工具」です。

駆動工具とは、ソケットを回すための工具です(一般的にソケットレンチとも呼ばれます)。

駆動工具と言えば、ラチェットハンドル、ユニバーサルジョイントやエクステンションバーに代表される、KTCの定番商品とも言える工具です。ですが、入社したての私にとっては、どのような用途で使用するのか全く分からない、未知の工具でした(「なんでめがねレンチじゃダメなの?そもそも駆動ってなに?」な状態でした。)。

そんな私が駆動工具の便利さを実感したのは、初めて愛車の原付バイクを整備した時のことです(第二回「トルク管理」記事の中にも出てきます)。オイル交換を終え、マフラーを磨くために、カバーを外すため、めがねレンチをさし入れようとすると、あの僅かな隙間に届かないのです。

そんな時、整備を指導してくれていた上司が、「これ使ってみぃ。」と、ソケットにエクステンションバーを装着したラチェットハンドルを貸してくれました。なるほど! 奥まった場所にあるボルトでは、レンチを使っての脱着ができない箇所がありますよね。そんな場所にも簡単に届きます! 毎回の掛け直しが不必要なので、作業時間がとても短く感じられました。まさに、痒いところに手が届く工具なのですね!

さて、カタログを調べてみると、KTCでは長さ1メートルのエクステンションバーを作っていることが分かりました! いったいどんな場所のボルトを回すのでしょうか… また調べておきます!

▼なるほど! 工具ノートのページはこちら
http://ktc.jp/naruhodo

10750428_799995506710955_8781695948922257704_o

新着情報

もっとKTC!カテゴリー別

年別アーカイブ