1. Top
  2. もっとKTC!
  3. 【なるほど!工具ノート その4:ドライバの使い方】

もっとKTC!

日頃のお仕事や愛車のメンテナンスシーンだけでなく、もっといろんなKTCを、もっとたくさん楽しんでいただきたい!そんな思いを込めまして「もっとKTC!」をお送りいたします。
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kyototool
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/kyototool

【なるほど!工具ノート その4:ドライバの使い方】

元記事(2014年09月17日投稿)

みなさん、こんにちは。新入社員の朝津かなと申します。このコーナーでは、入社するまで工具にほとんど触れたことのなかった私が、KTCで日々勉強する中、不思議に思ったこと、「なるほど!」と思ったことを取り上げてまいります。

今回のテーマは「ドライバの使い方」です。

ここだけのお話、私事ですが、KTCに入社するまで、ドライバの作業があまり好きではありませんでした。なぜなら、作業の途中でドライバが滑ってしまったり、上手く噛み合わなかったり、一見簡単そうに見える作業なのに、時間と手間が人一倍かかったからです(私の手先が不器用なことも原因ですが…)。

入社後、上司にそのことを相談すると、「ドライバは押す力と回す力の加減が大切だよ。」とアドバイスを貰いました。なるほど! ボルト締める時、上に逃げようとする現象がおこる為(カムアウトって言うみたいです)、押す力がとても重要なのですね。

プラスねじ、マイナスねじ、トルクスねじ、ボルト…どのねじを回すとしても、ドライバを使ってねじを締める時には「押し回し」をします。(余談ですが、ねじにはドライバ、ボルトにはレンチを使うイメージが強かったので、ボルトを締める為のソケット付きドライバを見た時は、とても驚きました。)

振り返ってみると、私が初めてドライバを使ったのは、小学生の時です(おそらく目的は、目覚まし時計の電池交換でした)。当時は嫌々作業していましたが、正しい使い方を知ってからは、作業がスムーズになり、ドライバを使うことがとても好きになりました。スイスイ、ピタッと締められる感覚がとても楽しいですね。(今まで父が担当していた家電や家具の整備係を、今では私が引き受けています…)これからも、工具を使う楽しさをもっと沢山知っていきたいです。

そういえば、初めてドライバを触りはじめる時期って、一般的に何歳ぐらいなのでしょうね。

■訂正とお詫び

掲載イラストに誤りがございました。左上のカムアウトの説明で、符号の向きが逆になっていました。「正しくはA<Bだとなめる」です。誤った情報を掲載してしまい、申し訳ございません。今後とも、「なるほど!工具ノート」をよろしくお願いいたします。

10151152_775108439199662_3244948388118654688_n

▼なるほど! 工具ノートのページはこちら
http://ktc.jp/naruhodo

 

新着情報

もっとKTC!カテゴリ別

年別アーカイブ